【BIG】山崎ウイスキープリン【R20】

巷で話題のウイスキープリンを作って食べてみた!!


ウイスキープリンとは

最近、ツイッター界隈などでも話題になっているウイスキープリンをご存知でしょうか。

山崎12年を使用しているウイスキープリンで、ごく稀にスーパーなどで売っているという、幻のプリン

原酒不足が叫ばれている中で、山崎12年を使えているって「ほんまかいな」と思ってしまいますね笑

20歳未満禁止の大人のプリンーーウイスキーブロガーとして是非とも食べなければいけない…….!!

しかし、近所のスーパーというスーパーを周りに周った結果ーー売っていませんでした。やはり田舎のスーパーでは取り扱っていないのかもしませんね……。都会の人たちばかりずるいです:;

そうこうしているうちに続々と上がる、ウイスキープリン購入のツイートを見るたびに、私の心は嫉妬の闇に侵されていきました。

私も食べたい!!

こうなったら、最後の手段。

ねむるちゃん
売ってないというなら、自分で作るしかない!!

山崎ウイスキープリン作ってみた

山崎12年は持っていないので、NAで作ることにします。

一から作ることも考えたのですが、ボイルしないといけないのでウイスキーの風味が飛んでいくかなと思い、市販のプリンエルを使って作っていきます。

バニラの風味たっぷりの山崎を入れることによって、美味さ倍増チャンスになるのではないかと予想します笑

そして、プリンエルを使えばめちゃめちゃ簡単に失敗することなく作れる、、、はず!!

▼材料

プリンエル…1箱

牛乳…………400ml

ウイスキー…20ml

めっちゃ簡単な作り方

作り方はプリンエルの作り方とほぼ同じです。

①プリンエルのプリンの素と牛乳を鍋に入れて、中火で煮込みます。沸騰したら、弱火にして1分煮込みます

 

②煮込んだプリンの液体を器に移し替えていきます。そして、ウイスキーを混ぜ合わせます

以前、ウイスキー入り生チョコを作ったときに、ウイスキーの量が多くてしっかりと固まらなかったので、今回は少なめで20mlくらいに留めておきます笑

ウイスキーを入れたらしっかり混ぜ合わせます。

 

③この時気泡ができるので、気になる場合は、チャッカマンの火を近づければ気泡は消えます

伊藤家の食卓でやってました。

 

④気泡が消えたら、少し冷まして冷蔵庫へ

プリンエルの箱の裏の説明には、1時間以上冷やしてくださいとなっていたけれど、1日冷やしました。

しっかりと固まったのが↑の写真。茶碗蒸しみたいですね笑

 

⑤プリンをお皿の上に落とす

でっかいプリンを作ろうとしたら自重に耐えられず、平べったい感じになってしまいました笑。

しかし、プルプルのウイスキープディングが完成!! めっちゃバニラのいい匂いがします。

 

⑥カラメルを作る

カラメルもプリンエルの中に粉状の状態で入っているので、それに水を加えてやることでできます。

今回は、ここに山崎ウイスキーも加えてさらに風味をアップさせます。

 

⑦カラメルを掛けて、完成!!

ででーん! カロリーの爆弾が完成しました。

お皿を揺らすとプルプル震えて、愛くるしいです。

 

実食

プリンの甘い香りの中に、山崎ウイスキーの濃厚なバニラが香る。

味は、山崎の芳醇な風味が残り、プリンのしつこい甘さを押さえていていい感じ。バニラの甘みが大変美味しい。カラメルの苦みとウイスキーのアルコールによって良いアクセントになっていた。

これは、市販の山崎12年ウイスキープリンを超えたに違いない。食べたことないけど……w

 

でっかいプリンって幸せになるな。げふぅ
この記事が良いって思ったら、→ウイスキーブログランキング←をクリックしてくれると嬉しい~~
最新情報をチェックしよう!