山崎12年と18年呑み比べてみた!!

市場ではなかなかお目に掛かれない山崎12年と18年を飲み比べてみた!!

山崎蒸溜所見学ツアーについての記事を先日書きあげたけれど、私としたことがもうひとつ重大な記事を書き忘れていた。

山崎蒸溜所では、見学ツアーやお土産ショップの他に、「テイスティング」をすることが可能なブースがあるのだ。

ブースの写真をすっかり撮り忘れていたのは、お酒が弱いので見学ツアーで試飲しただけでフラフラだったからだというのは言うまでもない。マジで空腹状態でお酒を飲むと、目の前がメリーゴーランドになるので、注意が必要(私の場合)。

 

しかし、そんな酩酊状態の中でもしっかりとした意識は持っており、この状態からさらに飲むことは危険であったが、どうしても飲みたいウイスキー、いや、飲まなければならないウイスキーがあったのだ。

 

それが、山崎12年と18年

お値段は15mlで、200円(12年)と600円(18年)となっており、お手軽にテイスティングをすることが可能。25年も飲めたけれど、2000円を超えてたので、さすがにやめておいた。酔っぱらっていてもそこは冷静な私である。

 

山崎蒸溜所のテイスティング場では、山崎のウイスキーはもちろんのこと、スコッチなども味わうことができる。ボウモアやグレンフィディックが置いてあったけれど、どうせなら普段なかなか飲めないものを飲まなくては。

本場のスコッチと山崎の違いを飲み比べできるという点では、良いのかもしれない。

▽色の違い

飲む前にまずは、色の違いを見てみようではないか。

上の写真が12年。下が18年。一目瞭然。

明らかに色の濃さが違う。

やはり熟成年数が長くなるほど、色も深くなるようだ。よくよく考えてみたら、同じ銘柄の熟成年数の違うものを同時に飲み比べるのは、これが初めてかもしれない。

そう思うと、酔いがさめて、シャキッとしてきた。ちなみに18年の左横に置いてあるグラスは、山崎の天然水を使ったチェイサーである。これについては、無料で飲み放題!笑

▽山崎12年

まずは、山崎12年から。

山崎12年といえば、数々の賞を総取りにしており、世界的にも評価を受けている、言わば日本代表のようなウイスキー。

香り:バニラと樽貯蔵庫で感じた木の匂いがふわっと香る。

味:しっかりとしたボディに、モルトとバニラの甘みが口に広がる。若干のスモーキーさも効いていた。

 

▽山崎18年

続きまして、18年。チェイサーで口をリセット。山崎の天然水も美味いんじゃ。

シェリー樽熟成の赤みがかった色。こちらは12年よりもさらに多くの賞を取っているようです。世界を代表してもよいのではなかろうか。

香り:12年よりもさらに強いウッディな香りとラムレーズンやチョコレートのような甘い香り。少し加水することでさらに香りが開く。

味:さらにリッチなボディとなっており、フルーティな余韻が長く続く。長期熟成なので丸い感じなのだと思いきや、意外とスパイシーで若干の酸味を感じたが、それがさらに甘みをさらに引き出していた。

 

やはり6年分の熟成年数の違いは伊達ではなく、長くなれば長くなるほど美味しい、、、25年はいったいどんな味がするのだろうか、、、いつか飲めたらいいなあ。

▽帰路

そうして、べらぼうに酔っぱらいながら幸せを噛み締めつつ、山崎蒸溜所を後にする。このまま昔住んでいたところにも行ってみようかななどと考えながら、駅のホームで電車を待つ。

ふと自分の体を見下げると、

「あれっ!!?」

よく見ると、首から見学ツアー参加証のネックストラップがぶら下がっているではないか。

確かによくよく考えてみたら、返した記憶がなく、どうやらそのまま首にぶら下げたまま駅まで歩いてきてしまったらしい。。。

「すみませんでしたァ!!」

 

ここで謝らさせてもらいます:; 悪気などはなく、ただ幸せで回りが見えていなかったのです。悪用はしないのでお許しを、、、

 

てか、絶対他にもぶら下げて帰ってる人がいると思う。。。

 

この記事がいいと思ったら、→ウイスキーブログランキング←をクリックしてくれると嬉しい!

 

最新情報をチェックしよう!