ホワイトホース12年

日本市場向けのホワイトホース!

ウイスキー紹介

ホワイトホース12年は、12年以上の熟成が行われた質の高いモルトウイスキーが使われているブレンデッドウイスキーである。

ちなみに、ブレンデッドウイスキーに記された年数は、その年数以上の原酒を使っていることを意味しているとどこかで読んだことがある。つまり、言ってしまえば、この12年のホワイトホースには20年物の原酒が使われている可能性があるということである。使われているとは言っていないので、勘違いしないように。

ホワイトホース12年は、日本市場専用に開発されたホワイトホースのプレミアム品となっている。

皆さんご存知のキリンが輸入代理店となっており、比較的どこのスーパーでも売っているかと思われる。私の近所のフレンドマートに何本も残っているのを見かねて、購入した次第である。2000円ということで、手の届きやすい価格帯となっている。

以前、当ブログでも紹介した、ホワイトホースファインオールド。その12年物ということで、キーモルトとなっているスペイサイド地方のグレンエルギン、クライゲラキやアイラ地方のラガヴーリンの12年以上の原酒が使われている。

ホワイトホースファインオールドがかなり美味しいと思ったため、その上位互換となると、これを期待せずにいられるだろうか。楽しみな一本である。

香り:予想していたよりもスモーキーさはなく、バニラやウッディな香りが強い。アルコール感はなくマイルドで、癖が少ない。

味:バニラやラムレーズン、フルーツ系の甘み。癖はほとんどなくストレートでも飲みやすいが、ヨード香がほのかに香るファインオールドに比べると少し物足りない。ファインオールドは、尖った感じだったが、12年はバランスが整えられており、非常にマイルド。

ハイボールにすると、味が薄めのため、ソーダで割りすぎると味がわからなくなってしまう。12年はストレートで飲むのがおすすめ。

今回使用したグラス↓

ウイスキーデータ

[リッチ]■■■□□[クリア]

[フルーティ]■■■□□[スモーキー]

ショップ平均価格:2000円前後

ねむるちゃんのオススメ度:★★★(5段階評価:3)

 

当ブログのランキングはこちらで見られます!
↓↓↓
最新情報をチェックしよう!