お酒弱い人あるあるで打線組んでみた。

おはこんばんにちは。定番のあいさつが決まらないねむるです。

今日は、まとめサイトなどでよく見かける、「〇〇で打線組んでみた」をやってみようと思います。これ一度やってみたかった。

自分の贔屓球団の打線を春季キャンプで組むのが、プロ野球で一番面白いと信じているくらい、打線を組むのってワクワクしますよね。

てことで、ワックワクしながら今回は、お酒弱い人あるあるで打線組みたいと思います。

お酒弱い人あるある、早く言いたい(はよ言え)。

 


1番遊 一杯のお酒を1時間かけて飲む。
2番二 記憶を失うことがない。
3番中 顔が真っ赤になって心配される。
4番一 心臓がバクバクする。
5番右 飲み会では、食べて元を取りに走る。
6番三 ほろ酔いで泥酔。
7番左 指先が凍えるほど真っ白になる。
8番捕 もう二度とお酒を飲むまいと心に誓う。
9番投 いつかビールを美味しく飲めると信じている。

 


 

 

1番 遊 一杯のお酒を1時間かけて飲む。

飲み会があったとき、周りが飲む気満々の空気の中でウーロン茶を頼むのは気が引ける。

とりあえず好きでもないビールを周りに合わして注文するが、すぐにジョッキを空けてしまうと、「もっと飲めよ」とアルハラ上司に勧められてしまう。しかし、泡が抜けるほどチビチビと飲むことで、新たな注文を防ぎ、我が身を守る守備の要であるショートに認定。

 

2番 二 記憶を失うことがない。

お酒は弱いけど、弱いがゆえに記憶を失うほど飲むことができない。

先に激しい頭痛に襲われるか、マーライオンのように吐いて限界が来てしまうため、意識ははっきりしがち。

 

3番 中 顔が真っ赤になって心配される。

ビール一杯で、顔が茹でダコのように真っ赤になり、目がトロンと虚ろになる。「もうやめとけ」と心配されるけれど、自分的には、もう少し飲める状態。

女子ならかわいいけれど、男だと少し恥ずかしい。体がアルコールを必死に分解している証拠らしいけどね。

 

4番 一 心臓がバクバクする。

心拍数、血圧が上昇。心臓が破裂しそうなほどに、血液を循環させようとしているのがすぐにわかる。血管が拡張されているためか、手や頭でも心臓の脈打ちを感じられるようになる。

不整脈が出ることもあるので注意。

 

5番 右 飲み会では、食べて元を取りに走る。

お酒が強い人と飲みに行くと、彼らは飲んで飲んで飲みまくります。彼らの分のお酒代を払うのは癪なので、こちらは食べて対抗するしかない!

 

6番 三 ほろ酔いで泥酔。

お酒が呑めないとは言え、ほろ酔いを飲んだ経験は皆さんあるはず。しかし、一缶飲みほしたころには、ふらふらということも。

 

7番 左 指先が凍えるほど真っ白になる。

aikoの歌詞っぽい打者。お酒を自分のキャパ限界まで飲んだ時、ふと自分の指を見て気づく。爪が紫色に変色している! 身体がアルコールを拒絶する反応が、こういうところにも如実に現れていたり。

 

8番 捕 もう二度とお酒を飲むまいと心に誓う。

お酒弱い人なら必ずしやあるだろう。お酒を飲んだことが原因で生じる「身体の異変」。頭痛。吐き気。寒気。本当に飲めない人にとっては、ただの毒ですから。無理して飲もうと思うことがなくなるでしょう。無理は禁物。

 

9番 投 いつかビールを美味しく飲めると信じている。

これ一番あると思う。初めてビールを飲んだ時は、苦みや独特の風味。甘さなど感じられず、おっちゃんたちはどうしてこれをゴクゴクと飲めるのだろうか。のど越しが良いと言われるけれど、意味なんて分からない。

「でも、お酒が弱い僕たちだっていつかは年を取れば、あんな風に呑めるのかなあ」と淡い期待を浮かべたりしちゃうよね?笑

ちなみに私はウイスキーの味はわかってもビールの味はいつまで経ってもわかりません。そもそも、相性が悪いのか、二回くらい吐いてるので、できるだけ飲みたくない、、、笑 けど、美味しく飲める時が来るかも!とは思う。


▽まとめ

以上が私が選ぶ、お酒弱い人あるあるのベストナインでした。このブログを見てる方の中にもお酒弱い人がいると思うので、共感していただけたら幸いです。それでは。

 

 

この記事がいいと思ったら、ウイスキーブログランキングをクリックしてね!!

最新情報をチェックしよう!