オールドプルトニー 12年

ねむるちゃん
今日紹介するウイスキーは、スコッチウイスキーのオールドプルトニー12年!
あいらちゃん
ハイランド地方のシングルモルトだね~

辛口でスパイシーな味わいは荒々しい海の男の酒。

オールドプルトニーはスコットランド本土の最北端の地で、北海に面した港町のウイックで作られているシングルモルトウイスキー。

創設は1826年。ラベルや化粧箱に描かれている船はニシン漁船で、設立当時の蒸溜所の多くの人間は漁師だったそうで、当時の歴史を表しています。

海の男がこよなく愛し、ゴツゴツした岩場や過酷な海風が吹く地で熟成されており、潮っぽい辛口が特徴のウイスキー。

オールドプルトニー12年は、バーボン樽のみで熟成された原酒が使われています。

また、ボトルの形がずんぐりむっくりな形も特徴的。

 

オールドプルトニー12年の評価や口コミ

口コミ(Amazonより引用)

塩辛いウイスキー
海水でつくったのかと思うレベルで塩辛い。
箱にはfaintly salty(ほんのり塩辛い)と書いてあるが相当塩辛い。
しいて前向きに評価すれば、こんなウイスキーがあってもいいのではないかと思うが、個人的におすすめはしがたい。


ドライでスパイシー

バランタイン17年のキーモルトの一つと言われているオールドプルトニー。
ハイランドモルトですが、この「塩っ気」は、ほとんどアイランズモルトと言ってもいいような味わいです。ストレートとロックで試してみました。どちらもスモーキーと言うよりも「スパイシー」で、オイリーな感じではなく、さらりと「ドライ」な印象です。自分の好きなロックでは塩気が強調され人によっては辛いと感じるかもしれません。

ねむるちゃん
塩気の強い味わいが特徴みたいやね

オールドプルトニー12年の味と香りは?

香り:海の香り。オレンジのような酸味のある柑橘系の香り。

味:辛口で海のような塩気が強い。シェリー由来のハチミツやバニラのような甘み。ドライで飲みごたえがある。しかし、アルコール感は感じず、飲みやすさもある。

▼今回使用したテイスティンググラスは、グレンケアン。

オールドプルトニー12年の感想とまとめ

海の男の酒と言われているオールドプルトニーを飲んだわけですが、前評判通りの塩気がガツンと来て、スパイシーな味わいは美味しかったです。

また、バーボン樽由来の甘みも感じられ、なかなかクオリティの高い一品だと感じました。ロックで飲むのも美味しいイメージがします。

 

ウイスキーデータ

アルコール度数:40%

[リッチ]■■□□□[クリア]

[フルーティ]■■■□□[スモーキー]

ショップ平均価格:4500円前後

ねむるちゃんのオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

この記事が良いって思ったら、→ウイスキーブログランキング←をクリックしてくれると嬉しい~~
最新情報をチェックしよう!