ニッカ フロム・ザ・バレル

ねむるちゃん
今回紹介するウイスキーは、フロム・ザ・バレル!
あいらちゃん
日本のニッカウイスキーだね〜

今回紹介するウイスキーは、ニッカウイスキーから出しているフロム・ザ・バレル。

ボトルの形がシンプルかつ特徴的な1本ですね。

フロム・ザ・バレルはその名の通り、再貯蔵した「樽」からほとんど手を加えずそのままの状態でボトルに詰められています。

多くのウイスキーは瓶詰めの際に加水をして冷却濾過(フィルタード)を行い、アルコール度数を40度前後にまで落としていますが、フロム・ザ・バレルは加水を最小限にとどめ51.4度と高めの設定で瓶詰めされています。

ウイスキーは基本的にアルコール度数60度以上の高い状態で樽詰め熟成が行われていますが、ボトル (バッチ)に一貫性を持たせるために40度前後にまで加水をします。

加水をすると濁りや白濁しやすくなり、そのを取り除くために冷却濾過(フィルタード)が行われています。

しかし、除去される澱にも香味があり、できるだけ取り除きたくないという思いで、フロム・ザ・バレルでは熟成された原酒をブレンド後、冷却濾過(フィルタード)し、数ヶ月の再貯蔵が行われます。

そうすることで冷却濾過(フィルタード)の影響を最小限にし、濃厚で繊細な味わいを目指したウイスキーとなっているようです。

ただカスクストレングス(樽出しボトリング)にするのではなく、一手間加えているところにこだわりが見受けられますよね〜。

 

フロム・ザ・バレルの評価や口コミ

口コミ(Amazonより引用)

コスパ良し
51%と、比較的度数の高いウイスキーです。この重厚なコクを味わうなら、やはりストレートがおすすめです。しっかりとした飲みごたえがあり、晩酌の一杯におすすめです。後味に華やかな香りが残ります。
また、氷をグラスにたっぷり詰めて、冷たくして飲んでもまた違った味わいを楽しめるでしょう。


注ぎづらいけど味は最高
ブレンデッドウイスキーは苦手だったんですが、こちらは香りから味わいまで絶妙です。
舌に染み渡る美味しさ。
買って本当に良かった!
アルコール51%なので、他のウイスキーよりも気持ち多めに炭酸水を入れて飲んでいます。
それでも深みのある味を楽しめます。

定価は2500円ということでお値段以上の味わいであると評価されている口コミが多く見られました。

しかし、近年のウイスキーブームによる原酒不足によりフロム・ザ・バレルの終売・休売の噂が絶えない状況で手に入りづらい状態が続いています。プレミア価格で高騰しているのが良くない口コミとして書かれていました。

 

テイスティング

香り:濃厚でコクのある麦芽とドライフルーツのような濃縮された甘い香り。樽由来の木の匂いとほんのりスモーキー。

味:少し焦がしたカラメルのようなビターな甘み。バニラ、レーズンのようなフルーティさもありつつ、骨太で飲みごたえがある。


今回使用したテイスティンググラス↓

 

まとめと感想

ニッカのカフェモルトがとても好きな自分としては、味が似ておりとても美味しく感じました。

スモーキーさもほどよく効いており、これぞニッカウイスキーという感じ。僕はたまたま田舎のお酒屋さんで定価で並んでいるのを見つけて買いましたが、最近はめっきり見かけることがなくなりましたよね。

是非ともお見かけの際は手にとってみてほしい一品でした。

 

 

ウイスキーデータ

アルコール度数:51.4%

[リッチ]■■□□□[クリア]

[フルーティ]■■■□□[スモーキー]

ショップ平均価格:2500円前後

ねむるちゃんのオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

この記事が良いって思ったら、→ウイスキーブログランキング←をクリックしてくれると嬉しい~~☆

 

最新情報をチェックしよう!