ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド

ねむるちゃん
今回紹介するウイスキーは、ジョニーウォーカーのワインカスクブレンド!!
あいらちゃん
スコッチのブレンデッドウイスキーだね〜★

 

ウイスキー 紹介

ジョニーウォーカーはスコットランドで作られているブレンデッドウイスキーで、世界で最も売れているスコッチです。
このブログでも過去にレッドラベルグリーンラベルを紹介してきました。どちらもスモーキーさが効いていて、『これぞスコッチ!』という味わいが強く現れていたのが印象的でしたね。
そんなジョニーウォーカーですが、色んな種類のボトルを販売しています。今回は数量限定で2019年の5月から販売されている、ワインカスクブレンドが酒屋さんに置いてあったので興味本位で購入してみました。
ワインカスクブレンドは、その名の通り様々なワイン樽で熟成された原酒が使われているのが特徴です。
モルト原酒は「ローズアイル蒸溜所」のものが使われており、グレーン原酒は「キャメロンブリッジ蒸溜所」のものが使われている。
ウイスキーだけでなくワインに造詣の深いブレンダーのエイミー・ギブソン氏は、
「ーーワインのように食事、特にデザートとのマリアージュを楽しめる新しいスコッチウイスキーを目指しブレンドした」
と語っています。
ということは、やっぱり飲みやすくて甘い感じの味を想像してしまいますね。ワイン樽熟成のウイスキーは総じてフルーティな印象があるので、どのような味わいに仕上げているのか楽しみです!

ジョニーウォーカーワインカスクブレンドの評価や口コミ

口コミ(Amazonより引用)

柔らかなフィニッシュ
良い意味でウイスキーらしくない。呑み口が柔らかく、最後に優しい甘さが残る。
気持ち的には、ウイスキー、ブランデー、ラムを6対3対1くらいで割ったような感じ。
極甘のチョコレートケーキとの相性がよさそうな、そんな酒です。
水で割るのはもったいないです。ストレート一手。この値段でこの味が楽しめるとは。
というか、この手の酒を水で割るのは邪道にして無礼。ロックがギリギリ許容範囲でしょうか?


甘い香り
コスパの高さで定評のあるジョニーウォーカー、ワインカスクを2000円以下で実現、さすがです。
他のメーカーなら倍の値段するでしょう、この価格なら常飲したってお財布に優しい。
甘い香りに、口に含むと広がる甘さ、スモーキーさはありません。
甘く香りがよいライトなウイスキーなのでストレート、またはトゥワイスアップがおすすめ。
ロックは冷やすと香りがとじるし、ハイボールはライトなので薄めると物足りなくなると思います。
それと、甘いといっても、後味にウイスキーの苦みはしっかりありますので、ご注意。

スモーキーな喉越しと、爽やかな香りの両立

おいしいです。
普段は、ジャパニーズウィスキーを好んで飲んでいます。
他のジョニーウォーカーは、結構ハードにスモーキーな重たいイメージがあったんですが、このお酒は、そこに大変良い香りがプラスされていて、気持ちよく飲めます。

あいらちゃん
やっぱり甘くて香り高いというコメントが多いね〜★

テイスティング

香り:フレンチトーストや熟したフルーツ、蜂蜜のような甘い。樽由来のウッディな香りと若干のスモーキーさがほんのりと漂う。アルコール感はほとんど感じない。

味:トゲトゲしさなどは全くなく柔らかい飲み口で、りんごのような酸味のある甘みの後にスパイシーさが残る。


今回使用したテイスティンググラス↓

 

まとめ

今回はジョニーウォーカーのワインカスクブレンドを飲んだわけですが、「これ本当にウイスキー?」と思わされました。

とても滑らかで香り高い一品でした。これで2000円いかないくらいの値段ですので、本当にクオリティが高いと思いました。もうちょっと高くても全然売れそうなレベル。

熟成年数が書かれていないので、若い原酒であることが予想できますがアルコール臭を感じさせないブレンドがされており、改めてジョニーウォーカーの凄さを知りました。

これは数量限定品と言うことですが、是非とも一度飲んでほしいボトルです。

 

 

ウイスキーデータ

アルコール度数:40%

[リッチ]■■□□□[クリア]

[フルーティ]■■□□□[スモーキー]

ショップ平均価格:1700円前後

ねむるちゃんのオススメ度:★★★★★(5段階評価:5)

この記事が良いって思ったら、→ウイスキーブログランキング←をクリックしてくれると嬉しい~~
最新情報をチェックしよう!