ハイランドパーク 12年 ヴァキングオナー

▽ウイスキー紹介

アルコール度数:40%

容量:700ml

今回紹介するウイスキーは、当ブログで初めてのアイランズのシングルモルトとなります。

世界最北端の蒸留所として有名で、ハイランドパークと言えば、この厨二心をくすぐるボトルのデザインですよね。化粧箱の装飾も銀ピカでかっこいいんです。これらは一体なんぞやということなんですけど、神話をモチーフにしているようなのです。厳密にいうと、世界遺産である“ウルネスの木造教会”の壁面装飾をモチーフとしているみたいですね。

ハイランドパークの他の商品などにも、蛇のようなドラゴンが刻まれていたりとたいへん個性的なボトルが多いです。

自分もウイスキーをまだよく知らない頃に、このヴァイキングオナーを買ったんですけれど、その理由として、ボトルがかっこいいというだけで買いましたからね。ジャケ買いみたいなものです。

皆さんもウイスキー初めて何を飲んでいいのかわからないときは、見た目で飲んでみるのもよいのでは?

 

▽テイスティング

香り:フルーティさとスモーキーさが混在しており、ウッディな香り。甘い煙っていう感じ。

味:ストレートで口に含むと、シェリー樽の甘みとフルーティさの中にスモーキーさをわずかに感じる。アルコールの刺激もそれほど強くなく、軽口で飲みやすかったです。アイラの癖のある煙の匂いが苦手な人でも、優しいスモーキーさなので飲みやすいと思います。

▽まとめ

アイラ好きとしては物足りなく感じるでしょうけど、飲めば飲むほど、味の深みがわかってくるような気がします。自分も最初は、スモーキーさを期待して飲んだんですけど、物足りなくて、いろいろなウイスキーを飲んだ後に飲んでみると、甘みなどがわかってきて、美味しく感じてきました。

ウイスキーは奥が深いね、、、

最新情報をチェックしよう!