グレンケアン【グラス】

お求めやすいお値段のテイスティンググラスと言ったらこれ!


皆さんは、ウイスキーを楽しむための必需品と言ったら何を思い浮かべるであろうか。

ロックで飲むなら、氷? 

ハイボールを飲むなら、炭酸水?

もちろんそれらも重要だ。しかし、それらを注ぐものはなにか。

そう。グラスである。

 

ウイスキーに限らず、お酒やドリンクを飲む際に欠かせないものがグラスだ

そのグラスによってウイスキーの風味は大きく変わる。

私がウイスキーを飲み始めた頃は、「グラスなんて変わってもどーせ味なんてよくわかんないし、どれも一緒でしょ!へへーん!」と思っていたのだが、今ではそんなことを考えていた自分を助走してぶん殴ってやりたい気持ちだ。

 

それまでよく行っていたバーでは、ウイスキーをストレートやトゥワイスアップ(常温の水割り1:1)で頼むと、ロックグラスで出てきていた。特に疑問に思うこともなく、それにならって自宅でもロックグラスでチビチビと飲んでいたのだが、ある日、本格的なウイスキーバーに行く機会があり、そこで初めてテイスティンググラスでウイスキーを飲んだ。

なんということでしょう。

丸く膨らんだグラスにゆらめく、黄金色のウイスキー。すぼまった飲み口から竜のように立ち昇る香り。

なんだかいつものウイスキーが、いつものウイスキーのようではなかった気がした。例えるのであれば、普段はラフな格好の彼女が、煌びやかなドレスを着たような感じ。

 

そこでようやくグラスによって、香りの昇り方。グラスの分厚さによる触感。そして、何よりも見た目に大きな差異があることを知った。

分厚く飲み口の広がったロックグラスで、ウイスキーを飲むことが悪いことではない。しかし、もっと上があるということだ。

つまり、ウイスキーのポテンシャルを120%にも80%にもするのがグラスというわけだ。


さて、長々とした前置きはこれまでにして、今回はグレンケアンのテイスティンググラスを紹介したいと思う。

ウイスキー愛好家にとって、最も親しまれているグラスの一つで、スコットランドのウイスキーグラスの名門――グレンケアン社のグラスである。

評論家やブレンダー、蒸溜所マネージャなどの専門家の意見を取り入れられて作られたグラスだそうだ。

 

一般庶民の私にでも手の届く価格のテイスティンググラスで、お値段なんと約1500円。凄そうなグラスなのに、良心的な価格で、実際の蒸溜所でも使われているそうだ。

 

グラスの底には、「The GrenCairn Glass」とエッチングされており、1500円とは思えないオシャレさ。

持ちやすく、くすみのないガラスがウイスキーの色を映えさせている。それだけでも美味しそうに感じる作り。流石はえらい大人たちが集まって作っただけのことはある。

 

しかし、なぜこんなに安いんだろうか、、、そのくらいのコスパの良さである。

ウイスキー飲み始めてグラスを探している方は是非、こちらのグラスから始めてみるのはいかがでしょうか。下にURL貼っておきます。↓

この記事がいいと思ったら、ウイスキーブログランキングをクリックしてくれると嬉しい!
最新情報をチェックしよう!