グレンキンチー 12年

ねむるちゃん
今日紹介するウイスキーは、スコッチウイスキーのグレンキンチー12年!
あいらちゃん
ローランド地方のシングルモルトだね~

 

グレンキンチー12年 紹介

グレンキンチーはディアジオ社のクラシックモルトシリーズにおけるローランド地方代表のウイスキーです。

クラシックモルトシリーズとは、ディアジオ社が地域ごとの特徴の代表をそれぞれの蒸溜所に定めたものです。以下、それぞれの地域の代表の蒸溜所リスト。

  • 北ハイランド:ダルウィニー
  • 西ハイランド:オーバン
  • スペイサイド:クラガンモア
  • アイランド:タリスカー
  • アイラ:ラガヴーリン
  • ローランド:グレンキンチー

つまり、ローランド地方のウイスキーを味わいたければ、まずグレンキンチーを飲むのがオススメということですね。

そのグレンキンチー蒸溜所は、スコットランドの首都であるエジンバラから約20km東南の観光しやすい位置にある蒸溜所でもあります。

蒸溜所の辺りには広大な農場が広がっており、首都の近くと言えど自然豊かな地帯に囲まれてウイスキーの熟成は行われています。

ドライな味わいで食前酒としても向いており、”エジンバラモルト”とも呼ばれている一品なのだそう。

オルトモア12年の評価や口コミ

グレンキンチーの口コミ(amazonより引用)

思ったより刺激が感じられるスコッチ
爽やかな香りもありますが思った以上に刺激を感じました。
加水をすると刺激が弱まり飲みやすくはなります。
グレンフィデック、グレンモーレンジと比較して香りよりも
刺激が強いと思いました


必ず一本ストックしています
フルーティーでドライでガツンと来る刺激に魅了されます。グレンフィデック、グレンモーレンジの様なウィスキーが好きな方にオススメ出来ると思います。素晴らしいウィスキーです。

高評価の多いシングルモルトのようですね。

意外と刺激が強いのが特長のようです。

グレンキンチー12年の味と香りは?

香り:爽やかでスイートな甘みと、樽からくるウッディな香りが強い。アルコール度数ほどの刺激はなく、ドライだがまろやかな印象。

味:ライトなボディに、ビスケットのような控えめな甘さが広がる。余韻はドライかつスパイシーで刺激的な味わいで甘さとスパイシーさのバランスが絶妙。

グレンキンチー12年の感想とまとめ

ローランド地方のウイスキーは3回蒸溜で有名なオーヘントッシャッンしか飲んだことはなかったので、その時の印象はかなりクリアであまり癖がなかったので、ローランドのウイスキーはそういうものだと思っていました。

しかし、グレンキンチーを飲んだところ非常に華やかかつ爽やか、刺激的な味わいで美味しかったので驚きました。ハイボールにしても美味しいと思います。

 

ウイスキーデータ

アルコール度数:43%

[リッチ]■■■■□[クリア]

[フルーティ]■□□□□[スモーキー]

ショップ平均価格:4000円前後

ねむるちゃんのオススメ度:★★★★★(5段階評価:5)

 

この記事が良いって思ったら、→ウイスキーブログランキング←をクリックしてくれると嬉しい~~
最新情報をチェックしよう!