アードベッグ ドラム

ねむるちゃん
今日紹介するウイスキーは、限定で販売されたアードベッグドラムやで!!
あいらちゃん
2019年限定のやつだね~

アードベッグ ドラムはどんなウイスキー?

世界で最もピーティでスモーキーなシングルモルトの「アードベッグ」は、年に一度、数量限定の「アードベッグ」を販売します。今回は2019年、6月1日に販売されました。

グアテマラのラムの樽で後熟されている

(画像引用元:https://www.nomooo.jp/column/66153/)

バーボン樽で熟成された原酒をラムカスクでフィニッシュさせています。オフィシャルのスタンダード品、「アードベッグTEN」を追加熟成させた感じです。グアテマラのラム酒の空き樽が使われています。

グアテマラを含むアメリカ大陸のカリブという地域では、ラム酒の生産で有名で、本場のラム酒の空き樽が使われているということですね。

あいらちゃん
ラム酒と言ったら、パイレーツオブカリビアンだよね~
ねむるちゃん
わい、あまりラムは飲んだ経験がないけど、めっちゃ甘いイメージがあるわ
あいらちゃん
ガムシロップみたいな味がするよね~
ねむるちゃん
サトウキビが原料やからな

カーニバルがコンセプト

(画像引用元:http://www.ardbegjapan.com/)
毎年5月の終わりから6月のアタマ頃に行われる、世界中のアードベッグファンと祝うお祭り「アードベッグ・デ―」。
アードベッグ・デーには、毎年テーマが決められており、そのテーマに沿った限定商品が販売されます。
2019年のテーマは、「カーニバル」。アードベッグ ドラムのドラムは、太鼓のことを指しています。
早打ちドラムの音色のように次から次へとトロピカルな風味が押し寄せ、複雑な味わいがまるで舌の上をパレードするかのようにしたのが2019年の「ドラム」のコンセプトになっています。

アードベッグ ドラムの味わいや香りは? TENと飲み比べてみた

香り:熟されたバナナやラムレーズンの甘い香りが複雑に押し寄せる。アードベッグ特有のスモーキーさもふんわりと感じさせるが、TENと比べるとスモーキーさは、TENの方が強く感じた。
味:力強いスモーキーさが最初に来て、バニラやバナナの優しい甘さが口に広がる。最後にビターチョコレートのような深みのある風味が通り過ぎる。TENと比べると複雑な味わいだが、コクのある味わいに仕上がっていた。

アードベッグドラムを飲んでみてのまとめ

今回はバーで飲んだのですが、バーテンダーさんによるとここ数年で発売されたアードベッグの限定商品の中では最も評判が良いらしいです。
去年のグルーヴスを飲んだこともあるのですが、確かにドラムの方が僕個人としても美味しかったです。
どこかのお店で見かけたらすぐ購入したいところなのですが、なかなか見当たらないという悲しい現状、、、

ウイスキーデータ

アルコール度数:46%

[リッチ]■■□□□[クリア]

[フルーティ]■■■■□[スモーキー]

ショップ平均価格:12000円前後

ねむるちゃんのオススメ度:★★★★★(5段階評価:5)

 

この記事が良いって思ったら、→ウイスキーブログランキング←をクリックしてくれると嬉しい~~
最新情報をチェックしよう!