カナディアンクラブ オリジナル

ねむるちゃん
今回紹介するウイスキーは、カナディアンクラブ!!
あいらちゃん
カナダのブレンデッドウイスキーなんだね〜★

ウイスキー 紹介

カナディアンクラブは、名前からわかる通りカナダのウイスキーです。カナダと言えば世界五大ウイスキーのうちの一つに数えられている地域ですね。

蒸溜所はカナダ・オンタリオ州ウィンザーに位置し、豊かな水脈と自然に囲まれた地帯でウイスキー作りが行われています。ウィンザーはどの辺なのか調べたら、アメリカのデトロイトのすぐ近くでした。割と都会な街のようですね。

創設はラベルにも記されている通り、1858年。当時は”クラブ・ウイスキー”という名で通っていたが、あまりの人気さにアメリカ産とカナダ産のウイスキーを分ける法律が制定。1890年より、”カナディアンクラブ”という名がスタートしたというかっこいい歴史も笑

カナディアンウイスキーは基本的にブレンデッドが主流で、今回紹介するカナディアンクラブもブレンデッドウイスキーです。ライ麦が主体のスムースな味わいが特徴で、熟成年数は6年以上。カクテルベースとしても扱われていることが多いです。

カナディアンクラブ オリジナルの評価や口コミ

口コミ(Amazonより引用)

かなり気に入ってます
昔からCCの愛称で親しまれており、若い頃良く飲みました。最近は飲んでなかったのだ久々に購入したところとても美味しかった。
香りとやさしい舌触りが好きで楽しんでます。


美味い

他の方のレビューどおり、かなりまろやかでした。
いやチョットびっくり口に含んで喉奥を通り過ぎる間、とにかくピリピリこない。
ここまでアルコールの刺激が少な目なウィスキーは、味わいは別としてかなり昔少ない小遣いからムリして購入したマッカラン並。
そこが好きキライ別れそうだけど、私はスキです。
味わいはラムレーズンのような感じがします。なんとなくバーボン系特有の接着剤の香りも微かにしますが気のせい?

あいらちゃん
高評価の多い口コミが多く見られたよ〜★ 飲みやすそうだね〜★

 

テイスティング

香り:焦がしたキャラメルやハチミツ、メープルシロップのような甘い香り。若い原酒特有のアルコール感が多少伴う。

味:バニラっぽい甘味に、後味はスパイシーで渋みのあるウッディな樽感が強い。特に癖があるわけではなく、スッキリした飲み口。バーボンウイスキーに近いイメージ。ストレートで飲むとアルコールが強いが、ハイボールにすると爽やかな甘味が感じられる。


今回使用したテイスティンググラス↓

 

まとめ

今回、初めてカナディアンウイスキーを飲んだのですが、軽い飲み口でとても飲みやすく感じました。しかし、熟成年数が6年程度と若くアルコール感が拭えないので、ハイボールで飲むのが安定ですね。

バランスの取れた味わいで、ウイスキーが苦手な人でも飲みやすい一品だと感じました。

カナディアンクラブはもっと熟成年数が高いボトルもあるので、そのうちそちらも試してみたいと思います。

 

ウイスキーデータ

アルコール度数:40%

[リッチ]■■■■■[クリア]

[フルーティ]■□□□□[スモーキー]

ショップ平均価格:1000円前後

ねむるちゃんのオススメ度:★★★(5段階評価:3)


その他のカナディアンクラブ↓

この記事が良いって思ったら、→ウイスキーブログランキング←をクリックしてくれると嬉しい~~

 

最新情報をチェックしよう!