ボウモア10年ダーク&インテンス

ウイスキー紹介

ねむるちゃん
今回紹介するウイスキーは、ボウモア10年ダーク&インテンス!

ボウモアのオフィシャル品で、2017年に免税店向けにリリースされた3種類のボトルの一つ。他に、15年ゴールデン&エレガント、18年ディープ&コンプレックスがあります。

このボウモアには、スペイン産のシェリー樽原酒が主に使われており、色合いも赤みがかっているのが特徴です。

あいらちゃん
ねむるちゃ~ん!シェリーってなんなの~?
シェリーは簡単に言ったら、ワインにブランデーなどのスピリッツを混ぜてアルコール度数を上げたお酒やな
なんで度数上げたの~? 気分~?
そんな女心みたいな気まぐれで上げへんわ! 昔はワインを他の国に輸入するために船を使ってて、度数の低いワインやと腐りやすかったから、度数を上げて腐りにくくしたって言われてるで!(諸説あり)

ボウモアにはシェリー樽熟成の商品が多くリリースされています。9年シェリーカスクマチュアードや18年ディープ&コンプレックスなど、シェリー樽を使った商品が以前に比べて多くなってきているようです。

シェリー樽と言えば、スコッチウイスキーの他の銘柄でも多く使われており、その影響もあって、シェリー樽が不足し始めており、休売せざるを得ない商品がちらほらと出てきている状況。ボウモアにもその波が来るのではないのかと少し心配してしまいますね。

テイスティング

香り:潮っけを伴うピート香がほんのりと香る。ウッディな香りが意外と強め。ゴムっぽさがやや鼻をついてくる。香ばしい焚き火のようなスモーキーさが優しく立っている。

味:「ほんとに40度?」って思うくらいアルコール感がない。スパイシーシェリー由来のドライフルーツのような甘みのある余韻が長く残る。ボウモア特有の癖のあるヨード臭がなく、よく言えば飲みやすいが、悪く言えば飲みごたえがない。

 

今回使用したグラス↓

 まとめ

今回紹介したボウモア10年ダーク&インテンスは、1000mlのボトルになっており、市場に多く出回っている700mlに比べて少し量が多いですね。そういう意味ではコスパのいいボトルです。免税店向けということもあって、なかなか街の酒屋さんなどでは見かけないのではないでしょうか。

決して美味しくないわけではなかったのですが、ゴムっぽさが苦手な自分としては如何せん点数が下がってしまいますね。開栓後の瓶熟で、内なる香りが開くことに期待します。

ウイスキーデータ

アルコール度数:40%

[リッチ]■■■□□[クリア]

[フルーティ]■■■■□[スモーキー]

ショップ平均価格:5000円前後

ねむるちゃんのオススメ度:★★★(5段階評価:3)

 

 

この記事が良いって思ったら、→ウイスキーブログランキング←をクリックしてくれると嬉しい~~
最新情報をチェックしよう!