【バレンタイン】ウイスキー入り生チョコ作ってみた。

お酒好きの彼氏にあげたら大喜び!?

バレンタインにはウイスキー入りの生チョコを送ろう!

2月14日。何の日かご存知でしょうか。ご存じない方はよほど世間から切り離された生活を送っている方でしょう。

2月14日!!そう!!

恋する女性が好きな男性にチョコレートをプレゼントする特別な日。

バレンタインです!!

 

ヤクルトで60本ホームランを打った野球選手ではなく、スコッチのブレンデッドウイスキーでもなく。

あの、バレンタインがもうすぐやってきます!

ねむるちゃん
ワイのバレンタインの思い出は、、、思い出すと悲しくなるので止めておくンゴ。

みなさんも苦いようで甘いチョコレートのような思い出がおありのことでしょう(うまいこと言いたいだけ)。

 

そんなバレンタインも平成最後となりましたね。きっと平成最後のバレンタインだのなんだのとチョコレート銘菓が売り出すに違いないでしょう、、、笑

ならば、私も言わさせていただきます!!

平成最後に良い思い出を作りませんか!?

ウイスキー入り生チョコを作って!!

用意するもの

・お好みのウイスキー 15ml

・お好きなチョコレート1種類(ホワイト、ミルク、ブラック) 150g

・生クリーム35% 65ml

・バター10g

私は今回、4種類のウイスキーを使って試そうと思うので、ちょっと量が違いますけれど、上の材料で作ることができます。

作り方

①生クリームを鍋に入れて、沸騰直前まで温める。

②ボウルの中にチョコレートを割り入れて(小さく刻むと溶けるのが早い)、①の生クリームを入れる。湯煎するとしっかりと最後まで溶けます。さらに、そこにバターを入れる。

③しっかりと溶けるまでゆっくりと混ぜる(空気を入れないように)とウイスキーを投入。しっかりと絡み合うように混ぜる。ここで欲張ってウイスキーを入れすぎると固まらなくなります笑

④しっかりと混ぜ合わせたら、キッチンペーパーで型をとった入れ物にチョコレートを流し入れていく。⑤型に入れたら、冷凍庫で一晩しっかりと冷やす。下の写真は、ホワイトチョコとミルクチョコレート。それぞれ、別のウイスキーを混ぜました。

⑥固まったらキッチンペーパーをはがしていきます。↓こんな感じになりました。⑦温めた包丁で切り分けて、ココアパウダーを振りかけるとあっという間に完成!!! ココアパウダーを振りかけると上手くできたように見えますね笑

 

実食

今回、私が入れたウイスキーはアードベッグウーガダールというとってもスモーキーで臭いスコッチです。アルコール度数は54度とお高め。固まるか不安でしたが、上の写真の通りなんとかできました。

見た目は上手にできました!!

問題は、お味の方。

香りはややお酒の香りはするけれど、スモーキーさはあまり感じない:; 溶けている状態だとあんなに臭かったのに残念(変態)。

食べてみると、チョコレートの元々の甘みに、ウイスキーの深い味わいが加わりとても濃厚な仕上がりに!!!

 

是非、平成最後のバレンタインに、お酒好きの彼氏さんに作ってあげてみてはいかがでしょうか!

 

この記事が良いと思ったら、ウイスキーブログランキングをクリックしてね!

 

 

 

 

 

って、ちょっと待てい! 残りの生チョコはどうした!!

残りの生チョコ

えーと、ですね。

他の種類のウイスキーも入れて生チョコを作ろうとしたんですけれどね。欲張りなクセが出てしまったようで、ウイスキーを入れすぎてしまったようでしてね笑

固まらなくて、ふにゃふにゃになりキッチンペーパーから離れなくなるという悲惨な結果に笑

 

ウイスキーはアルコール度数が高く、冷凍庫に入れても凍らないということを知っていたので、もしかしてと思っていたのですが、予想通りの結果に。めちゃめちゃウイスキーの味がする生チョコ作ったろ!という気持ちが抑えきれなかったのが敗因でした。

次に作ることがあればそこも気を付けてやっていきたいですね。

もし、皆さんが作るというときは、欲張ってはいけません。ウイスキーは少量に留めておいたほうがよいです、、、

 

ねむるちゃん

この記事が参考になったら、→ウイスキーブログランキング←をクリックしてくれると嬉しいンゴ

 

最新情報をチェックしよう!