アラン 10年

ねむるちゃん
今回紹介するウイスキーは、スコッチのアラン10年
あいらちゃん
アイランズ地方のシングルモルトだね〜★

 

ウイスキー 紹介

1993年に設立されたスコットランドの中でも比較的新しい蒸溜所。

キンタイア半島の右手に浮かぶアラン島で作られています。

アラン島の近くにはタリスカーを作っているスカイ島やジュラ島などの小さい島が複数あり、これらを総称してアイランズ地方と呼んでいます。

アラン島には、アランを含めて蒸溜所は2つだけ。もう一つの蒸溜所は、2019年に設立されたラッグ蒸溜所。

今ではこの2つになってしまいましたが、大昔には50個もの蒸溜所が稼働していたそうです。昔は人口も少なかったはずなので、たくさんお酒を作っても余っていたのでは・・・?と思ってしまいます笑

今回飲む10年は、ファーストフィルのバーボンで熟成させた原酒をメインに、シェリーホグスヘッドで熟成させた原酒をヴァッティング(混ぜる)させたボトルです。

つい最近、ボトルの形が代わっており、以前よりもクラシックな形になりました。こっちの方が個人的に好みです笑

アラン10年の評価や口コミ

口コミ(Amazonより引用)

うまい
開栓した瞬間に感じるのは甘酸っぱい香り。口に含むと、まるで李か梅のような味がする。以前、マックミラのウイスキーを飲んだことがあるが、それを思い起こす。まさに私好みのウイスキー。ただ、マックミラは入手困難なウイスキーだが、これは比較的入手できるウイスキーである。実際近所の実店舗で売られている。私としてはマックミラがまた飲みたいが、残念ながら入手困難につき、こちらを今後は機会があればリピートしたいと思う。そう思わせるウイスキーである。


今後に期待
やや重めの味わい、樽由来と思われる苦味、これらも熟成や樽の良さが加われば良い個性になるかもしれないがこのボトルではそれほどの深みを感じることはできなかった。自分の好みとは少々あわなかったと言える。この蒸溜所にポテンシャルはありそうなので今後あるいは他の銘柄で良い物に巡り合うことはできるかもしれないと感じた。

テイスティング

香り:全体的にバニラの香りが包み込んでいる。佐藤、ハチミツ、バター、フレンチトーストのような香ばしい匂い。わずかにアルコール感がある。

味:リッチなボディでコクがある。りんご、ナッツ、ドライフルーツのような濃い甘み。塩キャラメルのような塩っ気と柑橘系の酸味のある後味。

 

 

まとめと感想

アランを初めて飲んだのですが、思っていた以上にスイーツ寄りの甘みがあって驚きました。

バニラの香りと、蜂蜜を掛けたフレンチトーストを思わせるような香りで、飲み終わったグラスの残り香を嗅いでみても砂糖のような甘い香りが強かったです。

だいたいのスコッチウイスキーはスモーキーな残り香が強いんですが、ここまで甘い香りを作れるアランには感心しました。

ストレートでも飲みやすく、その甘いテイストから食後酒として向いているなと感じました。

 

ウイスキーデータ

アルコール度数:46%

[リッチ]■■□□□[クリア]

[フルーティ]■□□□□[スモーキー]

ショップ平均価格:4000円前後

ねむるちゃんのオススメ度:★★★★★(5段階評価:5)

この記事が良いって思ったら、→ウイスキーブログランキング←をクリックしてくれると嬉しい~~☆
最新情報をチェックしよう!