アマハガン(AMAHAGAN)

長濱蒸溜所が生み出した初めてのブレンデッドウイスキー

蒸溜所紹介

長濱蒸溜所とは、長濱浪漫ビール株式会社が運営している国内再小規模の蒸溜所である。

どこに位置しているのかといえば、そうこの私の出身地でもある滋賀県の北部にあり、琵琶湖と伊吹山、長浜の自然豊かな風土に囲まれながら熟成が行われている。熟成と言っても、初めての蒸溜は2016年ということで、出来たてほやほや。まだまだ始まったばかりの蒸溜所なのである。

近年の日本では、ハイボールブームの影響か知らんけど、蒸溜所がどんどんと立ち上がっている。その中でも長濱蒸溜所は滋賀県初の蒸溜所ということで、琵琶湖の民としては気にならざるをえない。。。推しメンならぬ、推しディステラリーってことで今後とも注目していきたいところ!

ウイスキー紹介

容量:700ml

アルコール度数:47度

その長濱蒸溜所が満を持して、先日発売したのが、こちらのアマハガン!
ブレンデッドモルトシリーズの第一弾として、およそ3000本の限定販売で、海外のモルトウイスキーをベースに長濱蒸溜所のモルトをブレンド。アルコール度数はやや高めの47度でボトリングされており、モルティな風味を最大限に活かせるよう作られている。

アマハガンの名前の由来は、ローマ字にして反対から読むと長濱という、わかりやすいかつユニークなものに。そして、スコッチにもありそうな名前w

そして、今回テイスティングするグラスはなんと長濱蒸溜所のグラスを使用しようと思う。

以前、ウイスキーフェスで購入したグラス。ここで使わずいつ使う!

テイスティング

香り:モルト由来の甘い香りがフワっと広がる。柑橘系のフルーティさやバニラの香り。意外とアルコール感は薄い。

味:モルトとフルーティな甘みが口いっぱいに広がる。クリアさよりもリッチなボディだが、度数の高さと熟成の若さによるアルコール感がやや感じられ、余韻も短い。

まとめ

東京ウイスキーフェスでも長濱蒸溜所のニューメイクを試飲させていただいたが、この繊細なモルトの甘みは美味しいですね。いつか蒸溜所の方にも行きたいところ。

 

 

この記事がいいと思ったら、→ウイスキーブログランキング←をクリックしてくれると嬉しい!

 

最新情報をチェックしよう!