アベラワー アブーナ バッチ59

ねむるちゃん
今回紹介するウイスキーは、アベラワーアブーナ
あいらちゃん
シングルモルト、アベラワーのカスクストレングスだね〜★

熟成にはスパニッシュのオロロソシェリー樽が使われており、カスクストレングスとなっています。

カスクストレングスとは、樽で熟成されたものをそのままボトリングしているという意味。

通常のウイスキーは加水されてボトリングされているが、樽出しなのでアルコール度数はとても高いのが特徴的。その分、ダイレクトな香りや味わいが楽しめます。

このアベラワー・アブーナはバッチによって、それぞれアルコール度数が変わるのが特徴。

バッチとは一塊りという意味で、樽ごとに厳密なアルコール度数が違ってくるワケです。

今回飲むアブーナのバッチはNO.59で、アルコール度数は60.9%!

なかなか高い度数、、、!スタンダード品のアベラワー10年も美味しかったけれど、どうなのか!

 

アベラワーアブーナの評価や口コミ(Amazonより引用)

口コミ

買ってよかった
角ウィスキ、ジャックダニエル、響などその辺のウィスキばかり安いし、飲めりゃいいや気分で買ってました。
高いウィスキーは旨いと友人から聞き早速適当にググり購入。

その辺の市販より遥かに旨い。素人の私でも分かる。
味は口に含めた1.5秒まではフルーティー?で、その後はウィスキなのに60度もあるので、ひたすら、スーッとする。
だか、度数が高いのにも関わらずどんどん飲める。(旨いからかな?)

素人さんで買おうと思うなら是非参考にして欲しいです。


インパクト抜群
お酒好きの方のブログで詳しく紹介されていて、興味を持ち購入してみました。
紹介されていた通り、抜群のインパクト。
スコッチやアイリッシュ、バーボンなど飲みますが、このような飲み口は初めてでした。
加水調整しておらずアルコール度数が61度と高く、シングルモルトとしての味わいもありますが、
何と言ってもオロロソ・シェリー樽で熟成されたウイスキーらしからぬ甘い香りと味わい。
口の中でまとわりつくようなトロッとした感覚。スッキリではない濃厚さを感じます。
このウィスキーは、おすすめされていたように、香りや舌ざわりなど楽しみながら、少量ずつストレートで、
飲むのが良いのかなと思いました。

テイスティング

香り:樽由来のウッディな香りが強い。オレンジのような酸味、複雑で濃厚なスパイス系のパンチの効いた香り。

味:とても濃厚でパワフルなテイスト。リッチで熟したフルーツ、ラムレーズンのような甘味。スパイシーで少し酸味のある後味が残る。


今回使用したテイスティンググラス↓

 

まとめと感想

アベラワー10年も美味しかったけれど、アブーナはまた度数を上げただけではなく、違った印象でした。

オロロソシェリー由来の酸味の効いた味は、パワフルだけれど飲みやすく、ついもう一口と行ってしまいそうになります。

度数が高いのであまりゴクゴクは飲めないけれど、ちびちびと続けて飲んでしまいそうになるボトルでした。

 

ウイスキーデータ

アルコール度数:60.9%

[リッチ]■□□□□[クリア]

[フルーティ]■■□□□[スモーキー]

ショップ平均価格:8000円前後

ねむるちゃんのオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

この記事が良いって思ったら、→ウイスキーブログランキング←をクリックしてくれると嬉しい~~☆
最新情報をチェックしよう!